市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

日々

f0228641_7375396.jpg

このblogの編集ができなくなっています。写真なども勝手な方向を向いてしまい御覧頂く方には見づらいことと思います。暫しご容赦ください。

blogは、むすめかぶきの身の回りで起きている出来事や観念的な思想をお伝えしようと始めました。
むすめかぶきはいったいどういったものかー。
お読み頂きすこしでも私どもの今とこれまでの歩みを知っていただければ何よりです。
社会の共同体と、個人の経験とによって育まれた団体です。伝統を学び、広くお伝えすることをわたしたちの仕事と考えています。
地域の中から生まれるものは
はかなく、繊細な性質を持っています。
次の時代の多くの人が共有しえる何かが生まれてくるものと信じながら、日々このむすめかぶきを歩んでいます。
[PR]
# by ooca | 2016-12-04 07:37 | 未分類

ブラボと北川民次

f0228641_10342495.jpg

昨日、写真家ブラボ展へ。
北川民次を思い出しました。
民次は、ブラボより8才年上、ブラボと同時代にメキシコに学び、1931年タマエの野外美術学校校長をしている。
同時期のブラボは
「見えるものを写しながら
見えないものを指ししめす」写真はその試みを。
ブラボと北川民次が私の中で重なり、民次が
笑い、見つめ、励ます。
ブラボは、人と神のへだたりのない空間を撮る
「笑ふ土偶」も神々しさより人間味を強調し、やさしい。
芸術は、かなりはかなく、繊細で個人的です。
回りの経験により育まれた才能が生み出すーとブラボ。
写真展に写る人の中に民次がいるようで。
民次が亡くなって27年。
メキシコへ行きたくなりました。
[PR]
# by ooca | 2016-12-03 10:34 | 未分類

おめでとう!

f0228641_2451323.jpg

f0228641_2451468.jpg

f0228641_2451584.jpg

f0228641_2451626.jpg

f0228641_2451765.jpg

f0228641_2451714.jpg

山車、祭がユネスコ登録されました。亀崎の皆さん!おめでとうございます。
[PR]
# by ooca | 2016-12-01 02:45 | 未分類

来月開催します!

12月17.18日、第一回「伝統芸能へのまなざし」を開催します。道というものを考えていく機会になりそうです。
道には、ふたつの思いを持ちます。
ー行きたいー
と、道の向こうから
ーやってくるー
期待と畏怖。
道は、その関係を結びます。
その道について、考えたり、体験したりの二日間。

17日、1時から、和楽器(筝)、日本舞踊、謡曲のお稽古を皆さんに体験していただきます。
また、伝統芸能に取り組む、子どもさんのお稽古の様子なども。
3時からは、松竹の水口一夫氏による「歌舞伎公演のできるまで」をうかがいます。水口氏の近年は、大塚国際美術館でのシスティーナ歌舞伎、出石の永楽館歌舞伎。私どもの10月「本朝廿四孝」では、信玄館を能様式に脚色を。ゲストに、狂言の佐藤友彦氏。4時40分まで。
愛知県芸術文化センター大リハーサル室1時から。

18日は、「芸道の哲学」の著者、倉沢行洋氏と道についてうかがいます。場所は名古屋市中区、鶴舞公園前中部邦楽教室2時から。

17日.謡の指導にかけつけてくださる能楽の川口晃平さん能楽タイムズに掲載中「当世書生気質(仮)」面白く同感できます。
川口さんは、洋服をすべて捨て着物で過ごしていらっしゃると噂です。
その事も当日聞いてみたいーと。

川口晃平さんのコラム
当世書生気質より
第2回 小自然

先日、某業界のデザイナーの方々に能装束を見せる機会があったので、生意気ながら僕はまずジャブをとばした。装束に織りだされたポピュラーな紋様を二つほど指して名前と意味を聞いてみた。多少予想はしていたものの、誰一人まともに答えられなかった。

指したのは「輪宝」と「巴雲」。この日本にいて、意匠を扱うデザイナーを名乗っていながら、なぜ、日本人が千年以上に亘って受け継ぎ、当たり前に使ってきた基本的な紋様を知らないのか。地紋に使われる「七宝」や「松皮菱」や「青海波」等、意匠の世界で言えば小学生の足し算レベルの問題にも、やはり誰も答えられなかった。当然そうなるだろうとは思っていたのだが、あえて聞いたり理由は、デザイナーでありながら自国に関しては初歩の初歩も知らないということをわかってほしかったからだった。

伝統とは、古さに価値があるのではなく、その年月工夫改善されてきた蓄積こそが尊い。その一方で、引き継ぐべき立場にある人々が手放せば容易に断絶する。先人達はその断絶の危機を見事に乗り越えてきた。

それにしても、昨今の日本のデザイナーを生み出す機関には本当に残念の感が湧く。デザイナーとは、結局引用のプロであるのだから、その引き出しをいかに確保し、そこで遊べるセンスをいかに磨くのかが勝負だと思う。シルクロードの最果て、意匠の国日本にいて、その豊か過ぎる土壌をちっとも耕さず、皆が上っ面なことばかりしてきたから、この国の街や物はことごとく下品なのっぺらぼうになったのだろう。今後デザイナーは必修科目として、日本の紋様と色彩について完璧な知識を身に着けてほしいと思う。

それだけではない。日本の意匠は、そのほぼ全てが自然の様相を図案化したものだ。自然は、生存競争という億年をかけた最も厳しいデザインの淘汰を経てきた形状に満ちている。人は模倣することによって新しいものを生み出していく生き物だが、誰か人が作った物を模倣し続けていくことによって抽象化され洗練はされるが、自然の持つ生命力からは遠ざかり、やがては枯渇する。
僕は常々、「美は必然に宿る」と考えているが、自然とは完全に必然で構成されている美の宝庫だ。しかし漠然と見ているだけではだめで、人間は対象を認識するためには知覚し、名を知る必要がある。だから、デザイナーは動植物や気象現象の名を熟知し、定期的に自然の中に分け入ってその形状や色彩の美しさに対する感覚を養い、それを生み出し続ける生命力への畏怖を補給し続けるべきである。それは一人デザイナーだけの問題ではなくて、僕ら一人ひとりにもいえることだろう。

昔は、住空間や居住地区には必ず、そういった空間=「小自然」が確保されていた。それを戦後の日本は切り捨てて来たから、せっかくの里山も、野原も、川辺も、庭も、開発され損ねた薄汚い場所になってしまっている。伝統的意匠を日常に取り戻し、もう一度暮らしの中に小自然を確保する、これが僕の考えるこれからの日本にとって必要なことだ。そうしてこの世界を美しく作り直していく、その先導をデザイナーの方々にこそしてほしいから、生意気ながらジャブを飛ばしたのだった。

(写真・文/川口晃平)
[PR]
# by ooca | 2016-11-28 08:44 | 未分類

本朝廿四孝

f0228641_2016491.jpg

奥庭の場面を、名古屋友禅の伊藤勝久さんに描いて頂きました。

当日和紙に投射しました。
不思議な感じですね。

諏訪湖~思い出します。
長野で再び!
[PR]
# by ooca | 2016-11-19 20:16 | 未分類