市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鏡開き

本日、お鏡開き。昨日、つきなおしていただいたお餅につぶ餡を添えて皆さんといただきました。さて、早急、謡「高砂」のお稽古、川口晃平先生、お三味線体験と続き、夜は、1月29日の「新春を壽ぐ」のお稽古。邦楽ならばこその緊張感と一体感に、最後は皆さんの良い笑顔で終わりました。
はじまりの、川口先生のお話は面白く、明智光秀と梅若家について、能楽四座のちがい、宝生の森下光さんに来て頂いたことで、扇や型、かまえを見比べるという機会を得られて貴重なひとときに。
やはり、昔の人は運動能力凄かったんですね。
序が破に重なり、破が急に重なり急が序に重なるのは
人間の自然なスピード感を型を通すことで的確な身体感をつくり、謡いのどっしりとしながら、次にくる軽快さに心持ちが足されていく感じには、舞踊や芸術全般、生き方に通じ、心をたぎらしていく。序破急の各繋ぎ目は目立たなくしかし、ノリよく繊細にして体の奥からむくっと乗り換える手品師のように、など思ったことを書き止めて。
[PR]
# by ooca | 2017-01-15 21:19 | 未分類

鶴舞

f0228641_1013666.jpg

「舞う」は、鶴が舞うところの想像から出来た舞台用語です。名古屋駅から、JRに乗り二つ目の駅が「鶴舞」駅です。駅は、鶴舞公園の入り口でもあります。この公園は日本の歴史公園ともいえます。
1月15日2時開始、伝統芸能のお稽古を致します。どなたでもご参加いただけます。
ご希望の方は、足袋ご持参の上お出掛けください。
鶴のように優美に、水のさらさら流れるように伝統芸能から、型を学び、本当のノリの感覚を知って頂く機会となりましたら。
このノリこそ、すべてに言い得て妙とされるものです。

無心に子供に返り、習うことー佳いこと到来へのおまじない
[PR]
# by ooca | 2017-01-11 10:01 | 未分類

梢に蝶

f0228641_12471988.jpg

人生、高砂で始まり、修羅、幽玄と続き、私は、さて四番目あたりに差し掛かるのでしょうか。もう四番目にはいらなくては、今年はその準備なのかな。
いづれにしろ、清々しくありたい。
[PR]
# by ooca | 2017-01-10 12:47 | 未分類

お詣り

f0228641_11491197.jpg

今日は、熱田神宮と知立神社へ詣らせていただきました。
名鉄電車は、車掌さんの
「明けましておめでとうございます」の放送に和みます。こちらも思わず頭を下げてしまいした。

矢矧、無量寺
雲竜松、松並木
次回へ

急ぎ鶴舞お稽古場に
戻ります。
[PR]
# by ooca | 2017-01-03 11:49 | 未分類

新年

生まれてすぐに、祖母と暮らす家は、伝統芸能の家でした。その家で沢山の師に出会い、別れていきながら、学んだことは、たった一度のやり直しのできない命なら、最高のものにかけたい。と思うようになりました。

老師から七十年近くを一筋に歩んでも「ようやく入り口に立つ思い」と聞き、条件次第で色あせることならば、ほんとうではない。いかなる条件の中にあろうと色あせることのないもの。それは、探しにいくものではなく、今ここ、自身の生き方を問うものであるーと説かれた。
あれから5年を迎え、願いもあらたに生かされた道をまた歩みます。
[PR]
# by ooca | 2017-01-02 19:37 | 未分類