市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

奴物

奴は江戸時代の武家に働いていたものですが、いかめしい武士の生活の中に、親しみをいだく存在です。奴で思い出す映画があります。赤西蠣太(あかにしかきた)昭和11年制作、伊丹万作監督。大好きな映画の一つです。ストーリーは、志賀直哉の名作。この映画に奴が出ています。立ち座り、その所作のいかにも、武家の従僕たる感じが、なんともいえずによく表れています。加藤大介演じる奴、同じ動作を何度も見せる演出も武家生活の一端が見られて、またその所作がただ、足を払い、その自分の生活の場に座るだけなのですがいかにも、薄給な粗末さ愚直さも感覚的に味わえ、本当に良かった。元々歌舞伎の世界の人です。所作に現れて、屈強無骨な風情、主人に対する忠誠やら、その生活の境遇に、悲喜哀楽をかもしだして、滑稽さも。
所作の出来た演技は時代劇にとって大切です。
<奴>は、歌舞伎舞踊の演目としては今にも伝わっています。奴物と言い、長唄『鳶奴』は、主人のお使いの初鰹を鳶にとられる奴。清元『旅奴』は、曲の唄い出しから滑稽味があります。東海道をまたにかけて走る奴が、寒さしのぎにお酒をちょっと飲んだら、自分の影に「歩けば歩く、止まれば止まる、こりゃどうじゃ」と驚いたりの道中記。長唄『供奴』は、足拍子の合方ー(合方とは、楽曲のみ唄のない音楽のを日本音楽の用語として使います)、役者と三味線、小鼓の掛け合いの部分が見所、聞き所です。だんなを見失い急いでいるその所作を演じています。まだまだたくさんあります。

今、鳶奴を子供君が覚えています。頑張って下さい。
今日もありがとうございます。昨日から蚊取り線香をつけだしました。
[PR]
by ooca | 2011-06-07 00:19