市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ひび

f0228641_3545084.jpg

義経一行は、深々と、身を打ち静める二月に旅立った。
各月々には身体に感じる風合いがある。二月の雨は冷たいが、搾り出した真実のような一滴。朝になるまで、想い出の中を散歩する。三月の浦島の歌詞は、木曽路、寝覚め、初桜、三月という季節が匂わす、春、開ける、きざしを示している。玉手箱を開け「をかし」やがて「あわれ」とー。誰もが向かう老人であり、私である。
日本の伝統と遊ぶ、3月11~13日,愛知県芸術文化劇場小ホール、力神車と、その舞台空間を1メートル上から見る、見られる側は、空に向かう心で満たされる。
怖いが待ちどおしい。
[PR]
by ooca | 2016-02-15 03:54 | 櫻香のつぶやき