市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『街場の文体論』内田樹著

f0228641_1019432.jpg

昨日は亀崎へ。山車は、柱から彫刻、そしてはじめて拝見しました時の厳めしい印象から、今では頼もしさを感じる〔力神〕様までお疲れさまでした、みな、お蔵に入りました。
潮干祭保存会、中切組の皆さんお疲れさまでした。慰労会伺わせて頂き御挨拶までさせて頂き有難うございました。
一昨日大阪の本屋さんで出会った内田樹著『街場の文体論』。明け方に目をさましてしまい、この本を取りだし読みかけました。読みながら、今このタイミングで出会った事を必然と感知。確かに私は、アンテナとシグナルに恵まれてきたと実感します。アンテナは、環境と出会いのこれまで、シグナルは、今を生きている事との結び目に思います。
腑に落ち切れていない数々の事象が、文章になると納得できるものです。とは言え、あちこちページをめくり、いき当たったところから楽しむ段階です。身体全文という妙な言い方ですが、何かが沸き起こるように感じながら徐々に。

さて、本日は、87歳の母の小唄会です。どなた様もお入り頂けます。
鶴舞、中部邦楽総合教室2時半から。4時まで。
[PR]
by ooca | 2016-03-21 10:19 | 櫻香のつぶやき