市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プレゼンテーション

明治生まれの邦楽家の祖母は多くの課題を残し、私が19歳の時に亡くなりました。
祖母は、私が生まれる1年前に、中部邦楽総合教室を創設しました。科目は、謡曲、仕舞、常磐津、長唄、箏曲、義太夫、鳴り物、茶道、花道。当初は、チケット制で生徒は購入したチケットで様々な科目を受講することが出来ました。この教室の創設には、戦後の社会傾向への不安、実際に創設地として祖母が選んだ土地は、名古屋の鶴舞公園内に、アメリカ軍のダンスホールとして使用されていた現公会堂の目と鼻程近く、『三味線の音も、歌舞伎も忘れられてしまう』と、祖母が当時取材を受け話しています。
チケット制は、当時のダンスホールのシステムだったのでしょうかー新しく取り入れたのでしょう。
19歳の私は、3年間悩み。
4年目から邦楽の良さを広く理解してもらう為に伝えることをしようと挑戦を始めました。それは、社会とのコミュニケーションであり、社会へのプレゼンテーションでした。私共の意識を伝え、考え方を共有してもらおう、信頼も得られれば、社会と伝統芸能の思考も新たにつなぐことができると思います。
[PR]
by ooca | 2016-03-28 02:19 | 未分類