市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

場と空気

f0228641_213545.jpg

お稽古場の普段は一般の方は
入れません。それは、「特別区」芸の為の場だからです。いつでも、芸の研究は始まり工夫や話し合いの積み重ねを培っています。今日は、関西松竹水口一夫先生と狂言の佐藤友彦先生の同い年二人により、能から歌舞伎、元禄以前、以降のこと。何を目指すか。技術ではないもの。近松半二の組み立て。名人伝。六代目菊五郎の道成寺。八世橋岡久馬の遊行柳。お稽古の方法と失態。そして、初の【本朝廿四孝】を読み合わせ。

山車を組上げる時と同じ、先輩、長老に聞きながら、体一杯使い、木組みを次々に組み上げていく。木組みを気ぐみに置き換えて「ははぁー」とふにおちればー。人の話は何より贅沢。芸に関わるお話しは一段の贅沢三昧。
最後は、山本屋味噌煮込みうどん町田店で無事幕。
[PR]
by ooca | 2016-06-24 21:35 | 櫻香のつぶやき