市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

1日目《風》の声

f0228641_1862192.jpg

今日は、夏のお稽古体験1日目、10時より担当の《花》歌舞伎所作。黒御簾の囃しに歌舞伎全力投球で見得から石投げ飛び六法。昨日の朝の鶴舞競技場で出会った、愛知産業大学附属高校陸上部の練習風景と重なります。足の上げ方、重心移動、胸の立て方、爪先から意識を頭にうねり上げていく感覚ー。あっという間の1時間でした。
《鳥》吉住小三代先生ご担当
三味線の三本の糸、この三本でどれ程の感情を沸き起こせし、お三味線と身体というモノ、コト、の一体化に気付くことが出来たら素晴らしい。
感覚というのは、モノとコトによるハーモニーのこと。
《風》吉沢旭先生ご担当。
高砂の謡、符丁の説明など。伝統文化を現代につなぐー。
650年前からどう伝えてられて今があるのか、これ迄の日本を知る機会にもなりました。
お二人の先生の魅力、その基はどこにあるのでしょうか。考えると人の純度の高さにあるように思いました。子供にも大人にも同じように、自分の愉しみをわけるように教えられいます。感覚を伝えることは、技術であり、技術は日々の敬虔な心を身体にするお稽古。と戒めながら、むすめかぶきの皆さんも本日頑張りました。お疲れさま!
明日も9時から集合です。
[PR]
by ooca | 2016-07-30 18:06 | 櫻香のつぶやき