市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

しゃんとしてとろり

昨年も沢山の皆様と色々な試みをし、またそれにより古典の魅力や伝統の魅力を確かめることになりました。なかでも、名古屋ボストン美術館さん、亀崎潮干祭さんとの催し、潮干祭保存会の方々には、3月と10月の公演へも御出演頂き、舞台まわりもご協力していただいた10月は、懐かしい秋祭の笛や太鼓、幻灯機のような映写、お芝居との組合せと絡み合わせ、日本を親しく懐かしく感じることとなりました。日本の昔からあった事や物が、はち切れんばかりに江戸の盛りたくさんの町人文化の血をわかし、皆様に喜んで頂くことができました。
関わってくださった方々にあらためて感謝申します。
さて、来る1月29日(日)
昨年に引続き「新春を壽ぐー江戸から現代へ」邦楽と舞踊。 【会場:名古屋能楽堂】『

『三味線は身も心も溶かす』
『箏の音には魔物がひそむ』
邦楽は、人を恍惚とさせる秘薬ーとかつて言われていました。
邦楽と舞踊を、目の前にして、体がしゃんとして、心が柔らかくなったら、その舞台は本物です。
しゃんとして、とろりー

お試しください。
[PR]
by ooca | 2017-01-17 23:14 | 未分類