市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

時間と満足感

日本人の音感、間を取り戻すには
音色に対する鋭い感受性と関わっていく
といい日本文化は、絵巻に見るように
持続の観念を下敷きにして時間を円環に
した世界観を持つ。一場面に独立した意味
持ちながら、見る側に自分の構図や意味
かかわり合いを持たせる。引き戻りまた、
先を見ながら人生者の関心が時間的推移
に向けられる。
私達は、知らず知らずに、四季のうつろい
に見る「時」のかさなりやあいだの中の
「にじみ」を独自の時間としている。
昨日、大学でのプチ発表会を終え
学生が普段と違う時間、たゆたうような非日常の
「時」を感じていたことを見ることができました。
次回補講、文楽を鑑賞。
文楽の太夫と三味線と人形遣いの間から
三者がやはり、つかず離れず「時」を争いながら
人間の存在を描写、物語的展開を感覚的に
感じとるその方法を、伝統音楽から感じ
とってほしい。




[PR]
by ooca | 2017-07-21 08:04