市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

道成寺

道成寺の縁起にかかわる説話の最も古い文献は、
長久年間(1040-43)の大日本法華経験記である
と考えられています。
この説話の、主人公の二人には名前がなく
の熾烈な情念の物語が語られ、後日譚に法力
功徳による、怨霊解脱の物語とに、構成され
ています。

鐘と大蛇、蛇と女人、いづれも古来より多くの
説話が語り継がれてきました。
鐘を撞くことによって、あの世にいる者と再会
できる、ならば、この世の人にも会えるはず。
鐘は撞かなくても、鐘の音を聞くことで願いが
かなうはず。

そもそも、この鐘、まずは、鐘鋳の為に、神仏
の名のもと寄進を集め、女人たちのなかには
鐘鋳の材料になる、鏡や笄を願いを成就させる
為に寄進しました。
そして、鐘供養は、新たに鐘鋳した鐘を拝み
その梵鐘の音に耳を傾けて、願いの成就に浸り
また、自らの罪障を悔い、その消滅を鐘の音に
聞くことでした。

金属を溶かし、鐘をつくる様子から、呪文を唱える、呪術師を想像します。熱いどろどろとした
金属をかき混ぜること、長時間。
鐘は、様々な願いや思いを封印したものに感じ
られもします。
そうしてできた鐘の音を、どう聞くか、そこに
深い意味を感じます。

鐘供養の庭で、舞を舞うことにより、願いの
成就に近づこうという思いは、芸のなかにいる
ものには、理解のできることではないでしょうか。
敬虔な行為は、生きる魂と言ってもよいのです。

道成寺から離れましたが、踊る側から言えることは、踊ることにより、この最も古くから伝えら
れている、道成寺の女人、花子と同化し、また
彼女たち、多くのかつての行為感情に
なにがしか、つながっていくことを感じます。
2003年出雲での道成寺以来となります。
12月10日名古屋能楽堂「冬の日」
長唄『新座敷舞道成寺』を上演
道行より
強力、狂言:鹿島俊裕
お出掛けのほど。

[PR]
by ooca | 2017-12-07 00:48 | 櫻香のつぶやき