市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:櫻 別会( 1 )

第ニ回 「櫻 別会」

第ニ回 「櫻 別会」を開催いたします。
016.gif 日時 : 平成22年7月18日(日) 開場1時、開演1時半
016.gif 場所 : 中部邦楽教室「舞台半寿」
 

016.gif 内容 : 一、常磐津「廓八景」 宮地友子
       二、お話「天の探女」について 村瀬和子(詩人)、市川櫻香
       三、萩江「八島」 市川櫻香
016.gif 御鑑賞とお呈茶 おひとり様 1,500円(当日受付)
             1時より、お茶とお菓子のご用意を致しております。

9月23日開催にて「第三回 市川櫻香の会」の準備も進んでおります。
新作「天の探女」・清元「保名」で藤田六郎兵衛先生(笛方)のご出演を頂くこととなりました。
珍しい上演となります。
今回の第ニ回「櫻 別会」では、
この新作についてのお話を、詩人の村瀬和子先生をお迎えして伺います。

前もってご予約が必要です。メールまたは FAX 052(323)4575 まで、
お名前、ご連絡先、ご住所、お人数、椅子の必要の場合はお書き添え下さい。
五十名程の定員どなります。定員になりしだい締め切らせて頂きます。
尚、演奏はテープとなります。ご了承下さいませ。


新作「天の探女」は、岩船伝説をもとに、女性の歌舞伎と狂言、女性の謡を軸に、
歌舞伎の浄瑠璃のジャンル、清元のお三味線と語り、
能のお笛、歌舞伎の囃子方により皆さんの心に、残る作品となりました。

伝統の力には、心の隙間を埋める雲のようなものを想像します。
雲が波となってひたひたと寄せたり、静かに時を待ったりして、何かしら経過を楽しむことが出来ます。この度は、伝統を日々に生き守る伝統の中にある皆さんがこのような形で新作に挑んでくださいました。異例な上演の一つとして誇れる舞台です。女性による創造を、特に、能の藤田六郎兵衛さんが能の監修をお引き受け下さり、清元志佐雄太夫さん、菊輔さんが歌舞伎側の世界を担当にして頂き実現に向かいました。
女性が感じて創造し演じる作品が少ないことは、女性の実演家の課題であると思っていました。このような機会を皆さんのご協力により得られましたことに深く感謝しながら、しっかり研究を尽くして参ります。
[PR]
by ooca | 2010-06-27 21:49 | 櫻 別会