市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧



  ひと月後の4月29日に、「北州」を踊ります。

  廓の生活が書かれた、全3冊を引っ張り出して、今晩こそ読んでおこう・・

 
 「北州」は廓の、花魁や遊客、廓の様々な女達

 太鼓持、禿、男衆、馬子、武士などが出て、その様子が描かれています。

 いえ、舞台に描かれていないとならないわけです。

   当時のその風情を想像するしかありません。

  
  「北州」のできた時代は、文化13年、1816年の江戸吉原、今から194年前。
 
  粋の文化といわれる退廃的、爛熟した文化の時代です。

 
  私の記憶の遊郭は、今から40年以上前の愛知県、犬山です。

 常磐津の師匠である祖母のお供をして, 幾年かの夏休みの一週間を
 
 犬山の廓で過ごしていました。

   祖母は、晩年、お稽古以外の時間は、喘息で大変な状態でしたが

   犬山のお稽古となると 何が何でも家からタクシーに乗り、犬山の

   お稽古場に行きつくうちには、納まっていて、お稽古では

   その様子も見せない人でした。
 
 
 朝8時半からお稽古でしたので、遅刻の芸者さんなどもいて。

 皆、綺麗で颯爽としていて、お稽古熱心でした。

 

 お茶屋さんの二階の連子格子には、姿見がずらりと並んで

 夕方にさしかかると、連子から入る日差しのきれいなこと

 男衆さんも混じり、支度となりますと、熱気が上がります。

  ある年の、石上げ祭りに、その二階で、お化粧を

                してもらったことを思い出します。

  
    祖母は、あのすべての空気を感じさせておきたかったのでしょう。

 
 「北州」の江戸 吉原は、想像を絶する粋のかたまりのような世界だったようです。
 
   タイムマシーンがあるなら、是非とものぞいてみたいものです。

 
     廓を描いた演目は大切なものと思います。   「がんばります~」

 

 
[PR]
by ooca | 2010-03-29 00:00 | 櫻香のつぶやき


  始めの一歩

  今日から、「櫻香」のブログを始めます。

  宜しくお願いします。


  午前中、 NPOむすめかぶきの大切なお仕事

  「I らぶ かぶき」について森登志枝さんと打ち合わせ。

  5月22日に行う、説明会までにいろいろ思いを実現したいのです。
  
  今年で10期目。 皆と、頑張って継続してきましたが

  
  これまでを振り返り、二人で反省・反省、もっと伝えたいことがあるのに・・

 
  「I らぶ、かぶき」は、子供に伝統芸能のお稽古時間を作って欲しい~

  という思いで始まりました。今期から大人の時間も準備に入りました。

                           詳細はまた、お知らせします。


    

  午後から 名古屋宝生会に行きました。

  女性の地謡の不思議な魅力、シテの揖斐さん、「清経」深くて、透明な感覚でした。

  勇気と希望のひとときを頂き、ありがとうございました。

  
  とても寒い夜となりました。

  ジャスミンティーを飲んで

  
  4月29日の「櫻 別会」に向けて

  
  今晩も、もう少し頑張ります。
  

    <初ブログ ちょっと緊張しました・・>
  

# by ooca | 2010-3-21 0:0 | Trackback | Comments(0)
[PR]
by ooca | 2010-03-21 22:12 | ご案内

桜、咲く

f0228641_19291913.jpg

桜の花が咲きました。
[PR]
by ooca | 2010-03-20 00:00 | 櫻香のつぶやき