市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

時に笑顔を送れるよう

新しい門出には、船旅をするように勇気が必要です。時に笑顔を送れるように、と。歌曲「タイムトゥ・セイ・グッバイ」を聞いたら、勇気がわいてきました。
雨も風も嵐も、もし、私が、雨や風や嵐の一つだとしたら、冷たい、寒いのは、あたりまえ、自分ですから、ゆうつ、不安は、ありません。雨は、どんな感じで降ってきたのかしらん、風は、どんな感じで吹いてきたのかしらん、嵐は…。身体表現は、考えることから、しぜんと体が動いていきます。縮んだ心は縮んだ体。前に向かう気持ちだけが、体を伸びやかにするようです。
甲南女子大、身体表現、歌舞伎の伝統演技から、みずみずしい心と体を考える授業です。考えること、そこから生まれる心に、注目することを目標にしました。実演者、また、鑑賞者となって、皆で考えてみました。今日は最終授業です。
[PR]
by ooca | 2012-01-30 13:52

ブログをして

先日の『冬の松島』、いつもより読んでくださる方が増えていました。このことは、皆さんが、同じように東北の冬を思っていると、いっていいのですね。東北に足を運んでいないけど、いつも気にしていることを、伝えたい。そんな私のような人沢山います。何もできないことに、自分の中の、3月11日に蓋をしてしまわないように、きっと何かできる、と。松竹座千秋楽、関ノ扉を勉強に。草木の精が『我は非情の桜木』その櫻が、『人界の情を賜って…』と語ります。語るというより、自身の正体をあらわすのです。私はここに、たまらなくなります。あつくなるより、もっと深いものを感じます。
[PR]
by ooca | 2012-01-26 13:59

冬の松島

こんなに寒いと、やはり東北の方々のことを心配します。
歌舞伎の台詞や、日本の踊りは、体の芯を使います。踊ってほしい。台詞を大声で言ってみたらどうでしょうかと、伝えたい。「松島」という曲は、春は櫻を楽しみ、夏や秋は、海に生きる女や男の風情を描き、そして、冬は、冬は、寒さの様子を秋のしみじみとした曲調から、がらりと変わり、激しく、重くしかし、力がわき起こるように、聞く者、踊るものを、まるで、夢中にさせ身も心も一つになっていくように感じさせます。東北の厳しさを、辛いというより、体中で吹き飛ばすような感じに聞こえるのです。踊り手はその曲にのせて、当然、厳しさを乗り越えていく人々の心と姿となり、見る人には力強さと元気を与えます。
春を待つことより、今を激しく、<生きる力強さ>。いつも、この曲と東北が頭から離れません。
[PR]
by ooca | 2012-01-24 22:43
見えるものから、見えないものへと、自然な想像に向かう、その境のあいまいさに、胸がときめきます。あいまいを水墨画のにじみにうつしてみると、その無限な可能性や広がりに魅了されるのと、同じものを感じます。
京都の仁和寺、東寺などで、花の作品を発表されている、ダニエル・オストさんと昨晩お会いしました。
オストさんの作品は、西洋の彫刻的な造形と、日本の『生死』を感じる日常的な現実と現実ではないものの滲みの部分、目に見えるわけではないのですが、しかし、オストさんにより、草木の生から死へ向かう、あたりまえの、生きるものの姿を感じました。意識がにじみあって、非日常へ見るものを誘っています。
こういうことは、意識のあり方ひとつのことなのです。自己と他がひとつにとけ合い、他が自己とも成り代わり、そのことで、技術以上のものをにじませました。
私達の先生、先輩は、人についてたまに、『何かがちがう』『ちょっとちがう』と、同じ土俵にのせることをやんわり拒む時につかいました。これは、いわば、『ものが現われない』、『あるものがない』ことなのです。あるものというのは、現実ではないことを迎えるために必要な何かなのです。私にはまだ言葉にあらわせません。
[PR]
by ooca | 2012-01-21 23:11

催しのお知らせ

2月4日(土)名古屋市中区千代田3丁目10番3号舞台半寿にて、村上信夫さんをお迎えし『言葉』(タイトルは近日に決まりましたらお伝えします)についておしゃべりします。午前10時から12時まで。詳しくはメール、お電話でお問い合わせください。
[PR]
by ooca | 2012-01-20 17:52

-

f0228641_23172476.jpg

魅力的な作品を作る人が、魅力的な個性の持ち主というのではなく、魅力的な個性の持ち主だからこそ、その人の作品に、何かひきつけるものが見えてきます。どんな考え方でいるか、どんな発言をしているか、どんな人間なのか、そういったことは、その人の肉体を通って、私達の五感に伝わってくるうえで、重要なことなのです。赤いカードは、朝倉摂先生からいただいた今年の年賀状です。毎年、猫を描かかれています。摂先生の世界に、このカードから入ることができます。朝倉先生は、私達の応援者です。気取らずあったかで、初めてお会いした時、その後に何度か、お会いした時も、いつも創造の中を、お散歩しているような感じです。山荘にたづねた、私に、ちょっと散策しながら、お話しするような感じをいただきました。お会いする場所は、いつも劇場。舞台美術のお仕事の合間のことなのです。
[PR]
by ooca | 2012-01-18 23:17
明け方の、夢うつつな中で『不思議な思い出』を持って、目をさますことがあります。
つい先日、大工の末吉さんが、家に来て、昨年の台風で傷んだ箇所を見ながら、「おじさんは、もう仕事が出来ないからなぁ…」と話しました。あとは、昔かたぎなおじさんの懐かしい話しぶりです。家のことを心配し見に来てくれたのでした。
実は、末吉さんは、今年1月2日に亡くなって、それから一週間ほどたっていました。
歌舞伎でも、鏡山旧錦絵の腰元お初が、自分の仕える主人、中老尾上の死を知り、次のセリフを言います。「四十九日がその間、魂魄この世にあるという」本当に四十九日、この世にあるのでしょうか。
私は、おじさんの心を確かに感じました。この事こそ信じます。いくら科学が進歩しても、そんなものには見向きもせず、自分の中にあるものを育て自己を信じたい。
「人間をつくる以外のところに、人間としての仕事はない」と、白州正子さんの言葉があります。以下、新しい女性、若い方達のために、白州正子さんの書かれた『たしなみについて』から、〜知識や教養は、なんのために身につけるのだろうか?文化や教養も、人間をつくるために、自分をいくらかでも高めるために、生涯を通じて利用すべきものではないのか〜
不思議を見落とさないし、ちょっとしたことだって、とり上げる人間次第で、面白くもなり、尊くもなります。「私を育てる糧ともなりましょうものを」と。
[PR]
by ooca | 2012-01-15 10:00

『勧進帳の月』DVD

昨年のむすめ歌舞伎公演での勧進帳は、沢山のみなさんのおかげで、私達の勧進帳として今までにない舞台となりました。もちろん、まだまだ頑張っていく途上ですが、みなさんに昨年をきちんとご報告をするにはやはり見ていただくことがいいと、DVDの販売となりました。
ご希望の方は、info@musumekabuki.com または、このブログへ。
むすめ歌舞伎平成23年『勧進帳の月』DVDー1枚2000円内容は、昨年のむすめ歌舞伎公演の勧進帳と、今年お稽古場で撮った私の解説も入っています。
お申し込みは
お名前、ご住所、お電話を明記してお待ちください。こちらからご連絡をします。

今朝はお稽古場の舞台の様子を見に、井手口さんの高橋さん登場。毎年、節目節目に、所作舞台の木の、湿気や乾燥での状態を確かめに来てくれます。私も大切なものをあづかっている感じがします。舞台を入れてくださって、もう五年です。
[PR]
by ooca | 2012-01-13 13:26

やがて

わくわくとなって、笑って、やがて、胸がつまって、涙します。歌舞伎は、キューンとなってホロリとさせるものです。2月御園座歌舞伎公演は、義経千本櫻(よしつねせんぼんさくら)渡海屋の場、大物浦の場です。名古屋で久し振りの上演です。むすめ歌舞伎では、この千本櫻の半通しを團十郎先生に監修指導をしていただきました。忘れられない演目です。そもそも、むすめ歌舞伎は、上演のために様々に考え、学ぶ,お稽古から、私達らしさを大切にすることに気づき、その方法を模索しながら、自分というわかっっていそうで、このわからないものをゴシゴシ磨いていることのように思います。歌舞伎は、男性の想像、踏襲してきた演劇です。これを、私達は真似ることから始まりました。そして、年月がたち、男性の想像してきた歌舞伎を真似るーそのことに、疑問を持ったのです。まずは、上演形態への疑問でした。そこで、千本櫻の半通しを上演しました。結成から10年たった今から、20年ほど前です。『なぜ?』という問いを、とくようなかたちで、演目を選択することは、頭の中と、気持ちが先行する分、これまでの歌舞伎の当たり前を、ひょいと飛び越してしまったりしました。歌舞伎には、人を魅力的にする力があります。それは、瑞々しい、ちょっとした勇気を育てるゆりかごのようなところがあるからです。勇気さえあれば、知識や才学では得られない、見識と度量のような、人の身についている大切なものに気づかせてくれます。才能は、学校で、技術や仕事の仕方は、職場で学べますが、人の一番大切、な部分は、気づいていくことに喜びを得る環境で、磨かれるものと、ちょっとわかってきた感じです。
上演することは、沢山の方の力を頂き、沢山教えて頂き、沢山、拍手を頂き、やがて沢山感謝できることにつながると思います。
[PR]
by ooca | 2012-01-12 01:21

いろはにほへとー

野村万斎さんが伝承について書かれています。教えることに真剣に向き合うことは、自分にも厳しく向き合ってるいるとわかります。適当にできないのです。足したり引いたり、戻ったり、待ったりして。吸いとり紙のような瞬間を作りながら、伝える側は、待たなければならないのです。人は成長すればするほど、簡単に結果を求めます。それでは、自分で考え次に伝えることができません。与えられた伝承内容は、一歩ずつの長い道のりの一歩です。その一歩を進ませるには、成長した姿を想像しながら、よくよく吟味する必要があるのです。朝になったら、舞始めです。また一歩、私も一歩、歩かせて頂きます。
[PR]
by ooca | 2012-01-07 00:41