市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鶴舞公園蓮の花と船弁慶

昨日、毎月開催をしております、【日本の魅力を探る】を致しました。
今回は、船弁慶について、吉住小三代先生からお話しをおうかがいしました。後半は、今回の為に、20分にまとめた長唄の船弁慶に、観客で入らした能、太鼓方の加藤さんが、ご参加くださり思いがけないセッションとなりました。
早笛の合方や、働きの合方の解説も皆様によくわかり、楽しんで頂けました。波の上にすーっと現れた平知盛が、薙刀を遣い、波の小頭を蹴立てて義経の前に現れる様子が想像の世界に広がりました。
能と歌舞伎の世界をどちらも理解される小三代先生の感覚は、私達により楽しく古典の作品をお伝え頂きました。
「見るべきものは見つ」と大物浦の知盛、最期に見た海を美しい蓮の花と重ねて。
[PR]
by ooca | 2015-07-21 09:26 | 櫻香のつぶやき

愛知県芸術文化センター

f0228641_00024279.jpg

本日は、来年の舞台の為の下見でした。
舞台を1メートル下げて確認。
図らずしも、下げる事により意味深い
状況を想像する事になりました。
日本の神々には、海に関する神が少なく
ありません。海からやってくる人々の物語
から、日本の神話の基ができたのではない
かと言われています。
半田亀崎の祭り精神に、日本の面影を
たどる事ができます。
その亀崎の方々と顔寄せともなりました。
平日の日中にも関わらず、皆さん亀崎から
舞台の下見に来てくださいました。

「すべてこの世は舞台である」とは
シェークスピア。それにプラスし
「人生はすべて儀式」と。
重々しい表情で行われる儀式は
内容の多くは空虚で苦手です。しかし
日常生活の精神に儀式がしみこんで
いれば、人の姿が優美です。
儀式を【礼節とユーモアと人生の賛美】
と教えて下さった方がありました。
考えると、もともと芸術は、儀式の産んだ子
だったのです。
下見は、優美にユーモアに終わりました。
[PR]
by ooca | 2015-07-14 00:01

義経千本桜

先日、国立劇場へ義経千本桜を見に行く。
来年の3月の山車との催しの打ち合
わせもかねて。以前、むすめ歌舞伎公演で
義経千本桜を上演、團十郎先生に監修
指導をして頂いた。上演しないとわか
らない感覚的なことが多々あった。
あの時には、分からなかった事もある。
表現は、何も特別な事ではなく、伝えたい
感情を基にし、素直に格闘する事。

国立は、丁寧にすべてを尽くしていく舞台
だった。瑞々しい美しさが、見る側の想像力
を楽しませていくものと感じた。
地震のようです。
九州地方で起きたようです。
心配です。
[PR]
by ooca | 2015-07-13 01:51

ホームページ変わります

f0228641_17574248.jpg

二人、何やら楽しげです。
九女さん、菜月さん二人で
新たにむすめかぶきホームページ
を立ち上げることになりました。
今日は、二人のお稽古はないので
お洋服のままです。

ホームページ楽しみです。
[PR]
by ooca | 2015-07-10 17:57 | 未分類

日々

f0228641_07534735.jpg

たくさんの方から、私どものお稽古場について、とても良い気を感じると言われます。
日々、私達は、お稽古や講座をしながら、様々な人とお稽古場の中で打ち合わせをします。毎月の【日本の魅力を探る】、11月7日の【秋のむすめ歌舞伎公演】、来春の山車と歌舞伎など、ほぼ毎日話し合いが行われています。

人と場、不思議な関係を感じます。

先日、吉住小三代先生の京都のお稽古場に、今月20日の船弁慶の打ち合わせにうかがいました。先生の持つ空間は、私には、とても居心地がよく感じられます。人と場の関係をもっと考えてみたくなります。写真は、私の好きな京都
の美術館の空間です。
魯山人の言葉が据えられています。この言葉も、この場を作っています。【わかる奴には、一言言ってもわかる。分からん奴には、どう言ったってわからぬ。芸術は、計画とか作為を持たないもの、刻に生まれて出てくるものである。言葉にかえていうなら当意即妙の連続である】
[PR]
by ooca | 2015-07-08 07:52 | 未分類

泰山府君の櫻の精

f0228641_23415112.jpg

子どもと歌舞伎、私は櫻の精で
出演致しました。
能楽の泰山府君から取材致しまして
歌舞伎に仕立てさせて頂きました。
泰山府君をお引き受け頂いた
能楽脇方高安流御宗家高安勝久師
から日々様々教えていだだきました。
子ども達は、老木をいたわる
優しい気持ちがよく現れて
こちらも、心から子ども達と共に。
かけがえのない時間だったと
あとから、思い出しています。
あの時間の不思議な心持ちが
よみがえります。
幸福とはこういった思いなの
でしょうか。子ども達が、枯れ果てた
老木を心配し声をかけます。
「大丈夫?大丈夫」
優しい、あたたかなお芝居でした。
再演できたらいいですね。

[PR]
by ooca | 2015-07-02 23:41