市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

微々にひび

大学の授業に摺り足を行う。
身体を狭間に内と外、相互の充実。研ぎ澄まされた中で
ある一点から宇宙に繋がる。
理解できれば、三つめの目が開く。
上田能楽堂60年の空間へ。
折口信夫の「魂は個性をなくしとけていく」ー未完から完全へ向かう中継ぎの場。
当主の上田さんに初、来春の構想を相談。
夜、文楽の若い方と会話。
能も文楽も同様、繋ぐが念頭にあった。これ程、次を意識した時代があっただろうか。ないがしろにした過去のツケがまわっている。それが、今の時代。伝統芸能だけの話しではない事。
[PR]
by ooca | 2015-11-27 00:46 | 未分類

花のかぐわし

むすめかぶきの公演では、多くの方に入らして頂き
誠に有難く心から感謝を申し上げます。
新曲浦島を、初めて踊らせて頂きましたのは
15年程前熱田神宮の能楽殿でした。
今回は、りきさんが前半、私が後半を踊る形に分けました。
振付けは、藤間藤子先生の作品です。最初の御指導を
蘭景先生にして頂きました。

あらためて蘭黄先生から御指導を頂きました。
曲、歌詞、振り共に、年を経て少し馴染んでいることや
人、海、風、雨、波、光り、全てがひとつの器の中、手の
中で産まれていることを、公演後ぼんやり考えるようになりました。
何年もかけていく事の価値を、この曲と振りからより感じることが
できました。

むすめかぶき公演というのは、「育つ」ことが目的です。
若い皆さんの、時の花の甘酸っぱさ、曇霧の中にある花の芳香
たおやかに咲いて、ゆっくり大輪に咲いていきそうです。
[PR]
by ooca | 2015-11-25 23:15 | 櫻香のつぶやき

日々

「決心を固める以外に稽古の方法はない」花伝書、年来稽古条々ーに書かれています。

思えば、日々に何らかの選択をして生きています。
節々を際立てるところに
決心がわくように思います。
[PR]
by ooca | 2015-11-23 08:24 | 未分類

今宵も

憧れの先輩、先生が私には四名、60代後半から70、80、90代になられる女性です。
威勢の良さと優しさと、併せて自身の生き方を重んじながら、「出来る事はやるわよ」と仰られる。頼りになり、素敵であり、いづれも皆様きっぱりと生きておられる。
私も、あぁなりたいーと憧れます。今から数年の間にこの素晴らしき方々から学び、次なる方に「出来る事は何でもやるわよ」と言いたいものです。
この方々から、お話を伺い、お話しを聞いて頂いたりすると、新たな発想に向き合えます。女性というのは、生むことを発想させ、結ぶことにより進化を促すものなのですからーと、そんな声さえ聞こえてきます。
この魔法の極意、授かりたいものと思います。
[PR]
by ooca | 2015-11-21 00:57 | 未分類

明日

芭蕉「おくのほそ道」を読み
まして、黙阿弥の「松島」を踊らせて頂くという、大変なことに挑戦させて頂きます。
大好きな本に関わり、大好きな芭蕉、黙阿弥の二人の翁の息づかいに触れる良い機会と喜びながらも、緊張しております。まだ最後のお稽古続けます。納得等できませんが出来る限りをしてみたいと、いつものように。
11月21日13時30分より
愛知県図書館1階AVホール
お問合わせ
052-212-2323
【おくのほそ道の世界】
[PR]
by ooca | 2015-11-20 20:01 | 未分類
秋のむすめ歌舞伎公演
皆様のお陰で盛況に終える
事ができました。
32年間の年毎、様々に感謝申し上げます。
さて、私達のお稽古場は、60年前から変わらず日本の伝統芸能普及、良き音色と良き身体を形成し素晴らしい伝統芸能の発展を願う、先人、師の思いを宿す環境にあります。ここから力を頂いて、今日も朝からお稽古です。
今月は、愛知県図書館のホールで、奥のほそみちをたどりながら、舞踊「松島」を踊らせてもらいます。松島の曲は
お三味線の豊後半次先生から、繰り返ししていただいたお稽古を思い出します。
19歳頃でした。譜を書かれない先生でしたから、見て聞いて覚えさせていただくのです。指使いも間合いも、かんどころも、繰り返しをひたすらしていただくお稽古でした。
歌詞とお三味線で、風情を感じさせるように、出来上がっているのですから、丁寧にお稽古を繰り返せば、自然に体に染み込んでいくといったものに思います。これは、伝統芸能全般はもちろん、様々な事と同様に思われます。
舞踊は、藤間蘭景先生から
お三味線同様、大切にお教え頂いたものです。先生方は、彼方に逝かれてしまわれましたが、お稽古の時の様子や声など、自然に思い出しながらお稽古をしております。

愛知県図書館での催しをさせて頂くのは初めてで、どのような感じになりますか、兎も角、これ迄教えて頂いた事を丁寧にお目にかけることしかできません。俳句も読みます。頑張ります。
お時間おありでしたら、ちょっとのぞいてください。
無料だそうです。
[PR]
by ooca | 2015-11-18 10:59 | 未分類

Twitter

https://mobile.twitter.com/tazae2/status/663036709093814273
[PR]
by ooca | 2015-11-10 15:00 | 未分類