市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1日目《風》の声

f0228641_1862192.jpg

今日は、夏のお稽古体験1日目、10時より担当の《花》歌舞伎所作。黒御簾の囃しに歌舞伎全力投球で見得から石投げ飛び六法。昨日の朝の鶴舞競技場で出会った、愛知産業大学附属高校陸上部の練習風景と重なります。足の上げ方、重心移動、胸の立て方、爪先から意識を頭にうねり上げていく感覚ー。あっという間の1時間でした。
《鳥》吉住小三代先生ご担当
三味線の三本の糸、この三本でどれ程の感情を沸き起こせし、お三味線と身体というモノ、コト、の一体化に気付くことが出来たら素晴らしい。
感覚というのは、モノとコトによるハーモニーのこと。
《風》吉沢旭先生ご担当。
高砂の謡、符丁の説明など。伝統文化を現代につなぐー。
650年前からどう伝えてられて今があるのか、これ迄の日本を知る機会にもなりました。
お二人の先生の魅力、その基はどこにあるのでしょうか。考えると人の純度の高さにあるように思いました。子供にも大人にも同じように、自分の愉しみをわけるように教えられいます。感覚を伝えることは、技術であり、技術は日々の敬虔な心を身体にするお稽古。と戒めながら、むすめかぶきの皆さんも本日頑張りました。お疲れさま!
明日も9時から集合です。
[PR]
by ooca | 2016-07-30 18:06 | 櫻香のつぶやき

皆さん揃って

f0228641_1926996.jpg

石投げの見得、始まりでございます!
[PR]
by ooca | 2016-07-24 19:26 | 櫻香のつぶやき

本日、1日体験

f0228641_19132462.jpg

お三味線を御担当の吉住小三代先生は、海外にも三味線音楽普及に奔走されています。お稽古ってこんなに愉しいのーと、感じ られる体験になりました。教える事の勉強にもなりました。
写真は、体験終了後、残っていた皆さんに、お能の「運び足」を教えてくださる、吉沢旭先生です。謡曲の声の出し方、愉しみ方ー大きな声を出すことも素敵に感じられました。
室町からの能、江戸に新しく三味線音楽として、また歌舞伎としてどう伝えてきたかも、なんとなくわかってもらえた2時間半だったと思います。沢山の方に体験して頂くことができました。
30日からのお稽古1週間講座充実します。お申込みお待ちしてますね。
[PR]
by ooca | 2016-07-24 19:13 | 櫻香のつぶやき

体って面白い

f0228641_15293618.jpg

7月24日.10時から1日体験ですよ。大人も子どもも、お稽古愉しんで。さて、今からお稽古です。
[PR]
by ooca | 2016-07-22 15:29 | 櫻香のつぶやき

夏のお稽古体験

舞うは、回る。回ると幸せを感じられた子どもの頃を思い出せるように。大人になって舞う時は、天地を意識し、大きな感覚と、時間からはなたれていくように。
古代、舞うことは、特別な捧げものでした。
天地と結ぶ、身体のあり方を想像しながら「夏のお稽古体験:舞踊《和の身体》」真っ直ぐな優しい身体を学びます。
[PR]
by ooca | 2016-07-21 19:20 | 櫻香のつぶやき

ただいま、募集中です!

今年は、思いきってお稽古体験を、1週間つづけて開催することにしました。
いつもは、月に1回から2回を半年間かけてゆっくり習うお稽古講座を開いていました。それはそれで、和気あいあいとして、愉しみな時間でしたが、おどりやお三味線、謡いを1週間続けたら、その方が、1ヶ月1回とか2回より、覚えるには、良いように思うのです。踊りも三味線も謡いも、からだ全体を使って覚えることがわかると、なんだか得した気持ちになります。
日頃、使わない、あちこちを1週間意識したら、体が覚えてくれそうな気がするのです。そんな期待をもって、今年は《夏のお稽古体験講座》を計画してみました。
踊りは、体を真っ直ぐにできると気持ちがいいこと、お三味線は一曲を弾けたら愉しいこと、お謡いを謡えたらどこでも、日本文化をすぐに伝えられると自信がもてること。
私たちとお稽古1週間体験募集中です!
ご参加いかがでしょう。

期間:7月30日から8月6日迄
講座の始まる時間:10時から3時10分迄、舞踊/お三味線/謡曲/朗読、各講座1時間づつのお稽古です。
詳細お気軽にご連絡ください
電話:052(323)4499
メール:mkabuki@docomo

会場:■30日(土)31日(日)
鶴舞駅から徒歩3分
【中部邦楽教室】
■平日:地下鉄「市役所」駅
【愛知県生涯学習推進センター(愛知県東大手庁舎)】
[PR]
by ooca | 2016-07-16 05:31 | 櫻香のつぶやき

場をつくる

f0228641_943593.jpg

もともと場の文化だったはずの日本が、外国化しどんどん場が失われていった気がします。
様々な音や情報を、生で聞くことができる場は、新しい考えを生むことを助けていきます。独創的な創造力が発生する仕組みに関わる大切な段階を生の場が支えます。沢山の知識を持つことが容易になり物識りさんがふえていますが、独創性は場や環境の成果。昨晩、共同通信の方とこんな内容の電話をしていました。
[PR]
by ooca | 2016-07-13 09:43 | 櫻香のつぶやき

日々

大学の身体表現の授業は、歌舞伎や文楽、能の表現方法をまず、知ってもらうことと、実際に摺り足や、体幹を意識するよう説明しながら舞踊を踊ります。今年は授業後も、更に体育館でお稽古をしています。
学生達は、吸い取り紙のようによく覚えます。
その覚え合う空気に、今日は少しウルウルとしてしまいました。
たぶん、美しいということです。
[PR]
by ooca | 2016-07-07 21:57 | 櫻香のつぶやき