市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

むすめがむすびに

f0228641_0282337.jpg

暮れになると「むすぶ」ことを考えます。
紅白の水引をむすび、着物で何本も体に紐をむすび、最後に帯をむすび。注連縄をむすび、昆布にかんぴょうをむすびます。
結びは、結い上げの結いの文字をつかうところに、むすびと、ゆうの、関係がみえます。むすびもゆうも何か体にしずめこむ、あるいは、出ようとするものを押さえつけていること。これは、日本民族学の礎を築いた、折口信夫が昭和21年国学院大学ではじめた「神道概論」の「むすび」論

考えれば、おむすびが、食べものを越えて美味しいのは「むすび」という、人と神様の儀式のあとの「いわい」がこめられているからなのでしょうか。
大和言葉で、「むすび」は「いわふ」というらしいのです。「い」は「ゆ」ともいいます。常磐津の本に「ゆわふ」とあり「い」と「ゆ」の間を語ります。
となると、ゆわふ➡ゆふ➡結う、となると、むすびがいわふに繋がっていくわけです。
むすびが、祝いとつながるとわかりやすい。
そう、日々、食することこそ、祝いで「いただきます」と誰かに言うのです。
誰かは、みえないものも一緒、見えないものにこそ、伝えているのです。
今も生活のなかに古典はあります。なぜこんなことするのだろうーそうしないと気がすまない、なぜー。

「新春を壽ぐ」も大事な会となります。
[PR]
by ooca | 2016-12-27 00:28 | 櫻香のつぶやき

クリスマス!

f0228641_9512871.jpg

鶴舞公園のクリスマスツリー、朝のお稽古、大切な申請書、午後のお稽古、それから

1月29日「新春を寿ぐ~」
邦楽と舞踊の会です。
皆さまに
来て頂けますように。
名古屋能楽堂、12時半始
藤田六郎兵衛氏のお笛
清元美治郎氏、
清美太夫の「卯の花」
吉村輝尾氏の「鼠の道行」
文楽座の
鶴澤寛太郎氏の「萬歳」
私も九女さんも出演
させて
いただきます!

明日は
吉住小三代先生の
お三味線と親しくなる日
ご参加お待ちシテマス
当日ふらりも大丈夫です
詳しくは
052-323-4499
[PR]
by ooca | 2016-12-24 09:51 | 櫻香のつぶやき

師走

f0228641_15385976.jpg

咲いてます
[PR]
by ooca | 2016-12-16 15:38 | 櫻香のつぶやき

新春を壽ぐ

f0228641_16411018.jpg

遅くなりました、チケット到着しました。
お伊勢詣りの才蔵と太夫さんの絵がかわいらし。
皆様、賑々しくお出掛けくださいませ。
会場は、名古屋城正面前の名古屋能楽堂です。
宜しくお願い致します!
[PR]
by ooca | 2016-12-15 16:41 | 櫻香のつぶやき

今年一年

f0228641_8332145.jpg

f0228641_833222.jpg

f0228641_8332240.jpg

f0228641_8332247.jpg

f0228641_8332332.jpg

f0228641_8332384.jpg

f0228641_8332462.jpg

f0228641_8332491.jpg

f0228641_8332646.jpg

f0228641_8332748.jpg

f0228641_8332796.jpg

f0228641_8332820.jpg

f0228641_8332928.jpg

f0228641_8332914.jpg

f0228641_8333069.jpg

f0228641_8333151.jpg

f0228641_833316.jpg

皆さんと、様々

有難うございました。
[PR]
by ooca | 2016-12-13 08:33 | 櫻香のつぶやき

中村仲太郎さん

結成二年目むすめ歌舞伎に和歌山での公演依頼をいただきました。中村仲太郎さんにお会いしましたのは、その時がはじめてでした。
今から30年も前です。
和歌山の砂浜で、とんぼのお稽古をしていただきました。
和歌山では「神霊矢口渡」を上演。お連れ頂いたのは、澤村藤十郎さんでした。
その後もよくしていただきました。仲太郎さんが旅立たれました。
和歌山の白い砂浜と仲太郎さんと、当時の皆さん、懐かしく思い出します。
[PR]
by ooca | 2016-12-13 08:09 | 櫻香のつぶやき

日々

f0228641_7375396.jpg

このblogの編集ができなくなっています。写真なども勝手な方向を向いてしまい御覧頂く方には見づらいことと思います。暫しご容赦ください。

blogは、むすめかぶきの身の回りで起きている出来事や観念的な思想をお伝えしようと始めました。
むすめかぶきはいったいどういったものかー。
お読み頂きすこしでも私どもの今とこれまでの歩みを知っていただければ何よりです。
社会の共同体と、個人の経験とによって育まれた団体です。伝統を学び、広くお伝えすることをわたしたちの仕事と考えています。
地域の中から生まれるものは
はかなく、繊細な性質を持っています。
次の時代の多くの人が共有しえる何かが生まれてくるものと信じながら、日々このむすめかぶきを歩んでいます。
[PR]
by ooca | 2016-12-04 07:37 | 櫻香のつぶやき

ブラボと北川民次

f0228641_10342495.jpg

昨日、写真家ブラボ展へ。
北川民次を思い出しました。
民次は、ブラボより8才年上、ブラボと同時代にメキシコに学び、1931年タマエの野外美術学校校長をしている。
同時期のブラボは
「見えるものを写しながら
見えないものを指ししめす」写真はその試みを。
ブラボと北川民次が私の中で重なり、民次が
笑い、見つめ、励ます。
ブラボは、人と神のへだたりのない空間を撮る
「笑ふ土偶」も神々しさより人間味を強調し、やさしい。
芸術は、かなりはかなく、繊細で個人的です。
回りの経験により育まれた才能が生み出すーとブラボ。
写真展に写る人の中に民次がいるようで。
民次が亡くなって27年。
メキシコへ行きたくなりました。
[PR]
by ooca | 2016-12-03 10:34 | 櫻香のつぶやき

おめでとう!

f0228641_2451323.jpg

f0228641_2451468.jpg

f0228641_2451584.jpg

f0228641_2451626.jpg

f0228641_2451765.jpg

f0228641_2451714.jpg

山車、祭がユネスコ登録されました。亀崎の皆さん!おめでとうございます。
[PR]
by ooca | 2016-12-01 02:45 | 櫻香のつぶやき