市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

銀盤の如意宝珠かな

f0228641_1922934.jpg

今日から名古屋市立丸の内中学での選択授業が始まり歌舞伎の授業に伺いました。昨日、アシスタントをしてくれる宮地さんに、五回の授業内容は『勧進帳』を軸にしたいと告げ、準備を夜まで。
学生は、皆、可能性の塊でこちらも元気を頂きます。 最終日には、心のお芝居が台詞に現れるようにーと、伝え、お稽古(授業)を。勧進帳は、皆、2年の時に音楽の授業でビデオ鑑賞してくれているので、3年生の皆さんは、おおよその筋は、わかっている様子でよかったです。
昨年まで、体育館を使用し、体を使うことを主体にしてきましたが、今年からは、伝統芸能と歌舞伎を大枠で理解してもらえるよう、それと欲張って、日本の利点は伝統の中にあることも、中学生の時点でお伝えしていくことが必要と感じ、教室と体育館を授業内容に合わせて使うことにしました。2時間の授業はあっという間に終えてしまいました。勧進帳は、もちろん抜粋ですが、弁慶、冨樫、義経の台詞一節で、それぞれを現すことが出来るよう、頑張ってお伝えしたいと思います。 授業前後に、他の授業担当の方と、お茶を頂きます。狂言の授業にいらしている、野村小三郎さんに、7月のまいまい狂言会の様子など伺う。彼、曰く、インターネットの力は凄いーで、納得。帰り道の、お城の外堀南西あたりは、自然なままの感じで、青々として気持ちがいいです。語りや台詞のお稽古は、思う以上にエネルギーを消耗します。お稽古場の近くに人気の美味しいパン屋さん、【スーリープー】本日も、プールを購入、お店の可愛いご夫婦と、このお店のパンに癒されています〜いつも。

 有難うございました。
[PR]
# by ooca | 2010-05-20 00:00 | 櫻香のつぶやき
f0228641_2147128.jpg

写真は、オーギュスト・ロダンの銅像『考える人』。
神戸甲南女子大学の海を眺める丘に設置されています。
米国,コロンビア大学の中庭にも設置されていましたが、甲南のこのロケーションは
必見です。この銅像は、不動のものにも関わらず、その気配を辺りにただよわせています。
一体何を意味するのでしょう。芸の中にあっては、瞬間ごとが不動。その不動へと形成する
過程の深さは大切な、必要制作過程。
ロダンは自身と、どう向き合い制作に向かっていったのか。それを知る手がかりがあります。
彼は、当時、パリ万博に日本舞踊団の踊り子として訪れていた花子をモデルに『死の首』とい
う作品を残しました。花子さんのことは、むすめ歌舞伎結成直後から、ご親族の澤田助太郎
御夫妻と何度かお話しする機会がありました。
(花子さんのことは澤田助太郎著「ロダンと花子」で)   
ロダンは、その後、歌舞伎の一座を組む花子を舞台のない時は家に住まわせていました。
小さな彼女の体は、歌舞伎の型をもって<傾く>を体に内包し、あふれる感情の凝縮を
各国で上演しおおせました。
それは、実際に炸裂と内包を<断末魔>の所謂『見得』で示しました。  

花子の、か細いその姿態に反した、強さをロダンは見出しました。彼女の姿態は
日本の伝統や慣習というかたちに束縛されているかのように見えて、実は、その抑圧から
抵抗するものをも含んでいたのではないでしょうか。
彫刻家ロダンが、あのかたい石に向う時芸術的純粋性のなにものかを求めていくとすれば
花子の内なるものが、型という不動から湧き出るさまを感じ共鳴をしたことと思います。

むすめ歌舞伎の女性が、普段の衣服を脱ぎ、きらびやかな重い衣裳とかつらに身を包み
男性の創作した型をまねて進む中、様々な精神的抵抗をし、それを力にかえ、考えていく
ことを選択しました。

型も慣習も流れの中に入り乱れる日常にあって、立ち止まり「考え」、「これでいいのか」
求めているものが、どこかですりかわっていってはいないか、純粋であるか、いつでも
取り除いていくことを前提にそのもの一つとなって・・・・。

   今日は、あらためて『考える人』と向き合う時間が持てました。

  ロダンの作品がこの大学、しかも女子大学にあることに、深く感銘の日となりました。

大学の帰りに、ひと駅となりの住吉神社へ~社務所の方が大変親切に住吉の辺りを
ご案内下さいました。昔のお話しを伺いながら、能の筋立てを思いおこしていました。
 この方は何の化身なのかしらん〜と、ちょっと頭をよぎらせました。

       今日も有難うございました。
[PR]
# by ooca | 2010-05-17 00:00 | 櫻香のつぶやき

-浴衣、好き

f0228641_15562579.jpg


    すっきりとした青空の日には
    浴衣を洗濯機に入れて バシャバシャ
    糊をきかせて パンパン、で
    アイロンでジュワ~ッ、と

     このカタカナ言葉は
    体全部を使っているところです
   (バシャバシャのところは、洗濯機が代わりにしてくれてい
                  るので自分でお洗濯のつもりです)

     気持ちをこめて
      グゥィツ、グゥィツ、グゥ、グゥ
      これ、お米をといで楽しむ音     間良く、音よく、楽しめますね
  
      小さい頃、祖母は、こんな具合いに <普段>を教えてくれました

                            

 浴衣は、三升格子に、お稽古場の八重櫻と、むすめ歌舞伎の三つ巴を散らした文様です

                    これから、しっかり活躍です。
      
                      ありがとうございました。
[PR]
# by ooca | 2010-05-14 00:09 | 櫻香のつぶやき

頑張ります

日本伝統文化コーディネート養成スクール
東京銀座校が
開校され6月生募集をしています。

 講師として伺います。
 よろしくお願いいたします。

是非多くの皆さんに、日本の伝統芸能にご興味を
深めて頂きたいと切に思います。

歌舞伎、日本舞踊のジャンルは、能、狂言といった
それまでの日本の文化、芸能を取り込み、また
下敷きにして、今日まで伝えられてきました。

なかでも、女性芸能者の歩みは厳しい流れにありながら
大切な役割を担ってきました。

ともかく、伝統の芸の姿態を今後の時代に
連ねていくことを一生懸命努めていけますよう
今、現代に生きるものの、責任とも自負して頑張ります
伝統芸能を伝える<お稽古屋>の家に生まれ、育って
これを否定されるような世の中になったら、大変です。
水のない金魚鉢に、いれられた金魚のごとく
と言っても、過言はありません。
 
   皆さんに興味を持って頂きたいと思います。
      
           ありがとうございました。
[PR]
# by ooca | 2010-05-13 00:00 | ご案内

母の日

皆さんは母の日いかがでした〜

私には産みの母の他に、育ての母が、たくさん。
特に、芸の師は、いってみれば産みの母であり、育ての母です。
心を込めて感謝。
今日は朝の、NHKの短歌番組で目を覚ましました。
ぼんやりと聞こえてきた短歌は一般の方の投稿のようです。
この短歌に自分の中にある父、母に気づきました。
この句、聞き違いしてるかもしれませんが、たまに思い出すために記しておきます。

「我が今、ここにあること、それはまた、父と母とが、ここにあるを知る」 ンン…大切にします。

母には、御園座、亀治郎さんの「男の花道」と翫雀さん、愛之助さんの「太刀盗人」を〓
歌舞伎座が建て替えに入り、御園座は、今一番素敵な劇場です。

   有難うございました。
[PR]
# by ooca | 2010-05-09 00:06 | 櫻香のつぶやき