カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秋の日

多くの皆様のお力添えで、様々な勉強を
させていただいて。感謝

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1564887920323569&id=100004071275019
[PR]
# by ooca | 2018-11-30 09:07 | 櫻香のつぶやき

12月8日山本能楽堂にて

f0228641_1830357.jpg

新道成寺を踊らせていただきます。
[PR]
# by ooca | 2018-11-28 18:30 | 櫻香のつぶやき

11月24日

名古屋東照宮創建四百年社殿特別公開。
11月24日(土)13時からのみ。
この日は特別なことばかりです。

13時半から14時まで児玉宮司の
お話が特別公開の社殿の中で聞けます。
児玉宮司のお話から、尾張徳川が慈しんだ
麗らかさを感じます。
それもそのはず、児玉宮司は
雅楽の舞人もつとめられています。

そして、東照宮から引き続き
尾張遺産を求め
徒歩15分の名古屋能楽堂へ

16時開演「秋の日」

この日、初上演の新作常磐津
舞踊「花の香、宮詣で」
素敵に出来上がりました。
お笛に福原寛さん、常磐津巴瑠幸さん
岸沢式松さん、お箏作曲野村祐子さん
演奏中島裕康さん
狂言「末廣かり」は
尾張の、狂言共同社能楽囃子方揃います。

能楽堂はじまりは、それぞれの幕末から
維新を〈独白〉
名古屋鶴舞の本草閣亭主に天野鎮雄さん
乳母に市川阿朱花さん、舞花さん
抱え能楽師には狂言の佐藤友彦さん
黒谷の法主は、狂言の鹿島俊裕さん
慶勝の娘の物語を私が。
次にお話は:黒鉄ヒロシさん
「郷愁のゆくえ」

東照宮から名古屋能楽堂への
〈秋の日〉は

能楽堂展示室にも、江戸時代の
尾張のイラストレーター猿コウ庵の絵も
知立文楽人形、舞(妓)楽面、亀崎の
からくりもご覧いただけます。

そして、尾張徳川最後の藩主慶勝の
撮ったお写真。

お殿様がお城から撮った祭礼の様子
では、山車の上で
お殿様に向かってからくりが上演
されています。
当時の人たちと
お殿様が写真を通して
つながっています。

落語でありそうですね。
見ているうちに
きゅんとしてきますよ。

是非
[PR]
# by ooca | 2018-11-17 01:07 | 櫻香のつぶやき

上村松園、写し

f0228641_124359.jpg

f0228641_1243524.jpg

f0228641_1243551.jpg

いよいよ、能楽堂となります。
名古屋城孔雀の間から始まった
「尾張の遺産、お殿様の写真、
特別な展覧会」は、有松の旧家岡家
亀崎の老舗望洲楼、鶴舞の老舗漢方
本草閣、尾張徳川家の菩提寺徳興山
建中寺。各地域で、江戸幕末から明治
に思いを巡らせて参りました。
尾張徳川が、遠くて近寄りがたい
文化ではなく、私たちの身近に
感じられるものとを知ること
ができました。

さて、能楽堂でのこの展覧会
最後の「花の香、宮詣で」は
ちょっと昔の家庭を描きました。

朝早くに晴れ着に着がえ
神社に詣でる女性達の姿を
舞踊として描きました。
とても良い曲と、そして
素晴らしい演奏。
邦楽の美しさは、厳かさで
凛としながらも、和かで愛らしい

お姫様や武士の時代の女性達の
様子を表現しました。

着物や髪型
上村松園写しのお着物です。
この特別な展覧会の
趣きを良くご理解頂いた
時代衣裳の方のご尽力です。

これまでも
多くの素晴らしい皆様
との出会いにより、開催させて
頂いた、この特別な展覧会

振り返りますと
「感謝と出会い」という
素晴らしい玉手箱を知ることが
できました。
このことはわかっていても
忘れてしまうことの一つです。

気持ちのなかで大きく根づき
有り難く思います。

展覧会でお会いしました
皆さまともまたこちらで
お会いできましたらー。

お待ちいたしております。
[PR]
# by ooca | 2018-11-14 12:04 | 櫻香のつぶやき

金戒光明寺、旅の孤独

f0228641_22305284.jpg

山姥、山めぐりの曲を舞いました。
「塵積もって山姥となれり
山また山の山巡りして」と
歌詞にあります通り
金戒光明寺とこの曲は
境地と胸中の山々だった
と思い出すのみー。
また、気になること
知ることになり、次に
忘れないようまたお稽古。
市川の山姥奉納。
(11月9日)
[PR]
# by ooca | 2018-11-12 22:30 | 櫻香のつぶやき