市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

明日

f0228641_2255271.jpg

明日は、吉住小三代先生の特別なお稽古日です。
私がお三味線に熱中したのは、小学校前で、子供用の
小さなお三味線を祖母から渡されたころです。
多くの先生に恵まれお稽古をつけてもらいました。
なかでも祖母のお稽古は良いお稽古でした。
それは、まだまだ子供の私に、早間に弾く手や
始まりに使う手、怪しい人が出てくる時の手
戦いの手、おかめさんの出るような神楽の手
少しでも楽しくなるよう、短かなフレーズを
まるで英会話の単語を教えるように、教えて
くれました。大きくなりお稽古は、私が生まれ
る前から名古屋にいらしていた、京都
豊後半中師のところへうかがいました。
戦前は、二代目常磐津理喜臓をなのられて
いました。河竹繁俊氏他御有識者の方々の
御後援者に恵まれ、黙阿弥作品「三人吉三」
など沢山曲をつくられていました。
なかでも人気の曲は「七代目團十郎」と
「おりん(楢山節)」でした。最晩年、私の希望を
お聞き下さり、名古屋テレピアでリサイタルを開き
東西から沢山のお客様が名古屋に集まられました。
はなやかな芸でした。お稽古の時に、いつも
「強く、強く、しっかり、生半可はいけない」と仰られていた通りのお舞台でした。

さて、明日は
小三代先生のお三味線から「芸の人」に
しかないものを皆さんと一緒に想像して
みたいと思います。
小三代先生にしかない、芸の匂ひ
楽しみです。

お写真は、昨年のお稽古風景。
[PR]
by ooca | 2018-06-23 02:25 | 櫻香のつぶやき