カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年 08月 02日 ( 1 )

犬山終えて

8月に入りました。皆様、お変わりございませんか?
犬山も建中寺も終え、入らして頂きました方々、
ご尽力下さりました皆様、ご出演の方々
スタッフの皆様、有難うございました。
傀儡師は、以前から機会があればと願っておりました。
犬山は、町並みが昔のままで、こういった風俗舞踊が
似合うところに思い、このお話しが出てすぐに、
白酒売り、外郎売、玉屋、水売り、鰹売り、納豆売りやら
上演演目を出しまして、藤間蘭景先生に御相談させて
頂きましたところ、「櫻香さんは、傀儡師をしなさい」
と仰られ、この演目をお目にかけることになりました。
以前に、藤間藤子先生の傀儡師を拝見しておりましたから、
その面白さは、憧れるほど感銘を受け、いざ自分となると
はなから、自信もなく、ただまずは、賢明になることしか
道はないのです。蘭黄先生から、細かく教えて頂くのですが
その場で体が反応できないことばかりで、全く不器用を思い
知らされました。

まずは、初の傀儡師をつとめさせて頂きました。

白酒売りの市川阿朱花さん、この方は、背も高く
姿も良く、今回もよく似合っていました。
幕間のお話しも、上手に役の中でされて
安心の持てる舞台でした。

外郎売は、二代目團十郎の初演台本の口上をそのままに
上演いたしました。とはいえ、今回は公演というより
お話しを交え、親しんで頂く内容の為、外郎売は口上のみ
となりました。
柴川菜月さんは、声の質感が柔くたっぷりとした人です。
この人は、先日初テレビドラマ出演をし、舞妓役を
果たしました。鼓のお稽古をむすめ歌舞伎で、始めた
ばかりの時でした。折よく鼓のお稽古のシーンがあり
少しでも日々お稽古ごとに精を出しておくものと思った
そうです。まだ、19歳ですから、様々学んでいってほしい
と思います。

藤娘は、三人、市川舞花さん、清水之絵さん、柴川菜月さん
が、実はびっくりするほど、美しく、内面的にも優しさの
感じられる舞踊となっていました。着物を着た女性の表現
として、あらためて崇高で心やさしい風情を見せて頂いた
感じがしました。

褒めることのできる舞台に思いました。
しかし、わたしは、未々勉強です。
[PR]
by ooca | 2013-08-02 19:32