市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年 08月 04日 ( 1 )

真似る

本日は、朝からアイラブかぶき、
子どもさんと午後から大人の
みなさんのお稽古日でした。
今日の子どもさんは、望月左登喜美先生
の太鼓のお稽古。後から子ども達の様子
を見に行きました。
「稽古は、うんと、自分勝手はいけません」
これが、アイラブかぶきのお約束です。
真似て覚えます。子ども達は、自然に
うまくやり出すものを持っています。
一人ずつ何回も交代をしながら太鼓に
向かい、人のお稽古も自分のお稽古のよ
うに集中しています。
この時間、名古屋市立明和高校放送部の生徒
のみなさんが、「アイラブかぶき」を取材に。
犬山市での公演もリハーサルから、本番まで
興味深く取材をしていました。
どんな、印象を持って、また、伝統芸能にた
ずさわる人達から、何を感じてくれたので
しょう。出来上がりが楽しみです。
午後からは、歌舞伎舞踊の大人の部。
しっかり汗をかきました。
本日のみなさんからも、先日の「筆幸」の
浄瑠璃の素晴らしさ、犬山市の「むすめ歌舞伎」
にもみなさんから、大変嬉しいご感想を頂きま
した。こういった嬉しいことも、一生懸命の
お陰に思います。お稽古は、この素直に良い教え
をひたすら学びます。
一生懸命は、他ごとを考えないこと
心に念力を起こして、止まらず良いことを
真似ること、と、子ども達と同じです。
[PR]
by ooca | 2013-08-04 20:43