市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2018年 11月 06日 ( 1 )

黒鉄ヒロシさんの能舞台

昨日は、お電話で黒鉄ヒロシさんの
黒鉄節をうかがいました。

「人間はいかに生きて死ぬか」
「この国の幕末から明治を眺め直すとー」
「きてれつで、程が良い」「偶然なこと」
などなど。
でも、一番驚いたのは、今は亡き
初代辰之助さんとの沢山の思い出話。
ご著書の「抱腹絶倒」を読んでから
黒鉄さんを勝手に
とても近くに感じてしまいました。

電話で照れるという仕草をされて
こちらにそれがよくわかるのです。
これはどういうことなのでしょう。

ご本人登場の11月24日
名古屋能楽堂で黒鉄さんは
どうなるのでしょう、、、、

怪しくてほろ苦い、そして
幽玄と方丈記の混在。
過去の織り成すもの。
いったいどのような言葉と身体で
表現されるのでしょう。
漫画家であることと、必ず繋がって
いるはずです。身体を描く職業ですから。
身体そのもので表現することとの違いを
知りたくなりました。
[PR]
by ooca | 2018-11-06 00:38 | 櫻香のつぶやき