カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いつも思い出すこと

今日も藤田六郎兵衛さんのことを思った。
吉沢さん、柴川さん、酒井さんと吉沢
さんのご持参のグレープフルーツピール
を口にしながら、藤田さんのことを
懐かしんだ。

このお稽古場のそこで、猩々をおふき
くださり唱歌され、ふと
「君はここで育ったんだ」
と話された。私は、ぽかんと
藤田さんのあの声を聞いていました。

お稽古場に来てくださった
その意味をさぐりながら、夏が来て
冬が来て春がきます。

小学校に教えにいった時
素敵な子供がいて、と話す

僕が、子供たちに、コップに
入った氷を見せて、この氷が
溶けたら何になる?と質問すると
みんな、水になると答えるけど
その一人の女の子が、春になる
と、答えたんだね。

僕はそんな子供たちを育てたいんだ。


# by ooca | 2019-02-14 20:14 | 櫻香のつぶやき
さて、この半年間の事業について
ふりかえりますと、意を決してな
された歩みでしたが、実をいうと
みずからの意志によってなされた
ものではないーように感じます。
「縁」によって「航海」をしたよう
に思うのです。信じるという行為に
より、この事業の旅が進みました。
昨日の「直会」は、時間の過ぎる
ことを忘れ、この航海に乗り合わせ
た人との楽しいひとときでした。

疑念なく、信じ合うことこそ
これからの道には
欠かせないのです。
# by ooca | 2019-02-04 10:19 | 櫻香のつぶやき
「尾張の遺産、殿様の写真、特別な展覧会」
慶長五年(1600年)関ヶ原の合戦は周知の
通り、徳川家康の大勝利。以後、江戸時代は
開幕から明治維新まで260年もの時が流れ
ました。私どもの事業は昨年の9月、名古屋
城孔雀之間から始まりました。維新から150年。
維新の成立と、江戸幕府の幕引きに欠かすこと
のできない尾張徳川十四代徳川慶勝の撮影した
写真を、縁(ゆかり)の地域を会場に展示致し
ました。歴史資料としての価値とまた、慶勝
個人の美意識、価値観も反映され、歴史の証言
を資料から読み取る以上に、社会的な背景や
時代の状況と地域の特徴を感じ取ることができ
たとご感想もいただきました。大名たちにより
生まれた江戸文化が、合理的な技術のあり方を
超えて、美の視点を社会と文化の根底に据え
独自な社会文化が想像されたことを推察。
NHK大河ドラマ「西郷どん」や奥山景布子著
「葵の残葉」最後の徳川たちの物語の人気に
より、より興味を持っていただく事ができま
した。開催地である【名古屋城・有松岡家
半田市亀崎望洲楼・名古屋能楽堂・京都
金戒光明寺・鶴舞本草閣・徳興山建中寺
岡崎六所神社】地域の文化遺産の中で開催で
きましたことにより地域の歴史を肌に感じる
ことができ各地での講座は地域と社会の関係
をさらに深く知る機会となりました。
歴史的建造物での展示は、畳の日本文化を重視
したお座敷を展示会場としました。写真は屏風
に仕立て設えました。鑑賞する皆様も、低い姿勢
でご覧いただき、日本の文化風習を実感して
いただきました。
事業の最後を図らずも「名古屋東照宮」
の修復へ思いを馳せることとなりましたのは
大変意義深く感じております。
「東照宮雅楽部」の演奏は、明治以降には
能舞台や名古屋城では演奏されておりません。
明治以前には「東照宮」「雅楽」はお城の中
の神事を司り数々の大きな行事を行っていた
そうです。また「お能」は武家のたしなみ
とされ、お城にはふたつの舞台を設えてい
ました。東照宮は「三の丸東照宮」と呼ば
れていたそうです。現在の金シャチ横丁あ
たりにあったそうです。日光の東照宮に
劣らぬ権現造りの極彩色で施されていました。
その様子を想像し、本日の「節分」季節の節目
鬼のうごめく時、東照宮児玉宮司様のお祓いを
賜り、一年の息災を祈り、芸能に心を潤して
頂ければ幸甚でございます。
最後になりましたが、本事業は
多くの皆様のお力添えを賜りました。
心より感謝申し上げます。


平成31年節分
日本の伝統文化をつなぐ実行委員会
# by ooca | 2019-01-28 21:57 | 櫻香のつぶやき

節分パンフレットです

芸術で社会を変えるー「日曜日美術館」北川民次。
私には力はありませんが、芸術は水脈のような
ものだと感じました。
「尾張の遺産、殿様の写真展、特別な展覧会」が節分で閉幕です。各会場に、入らして下さった皆様、有り難うございました。ご協力くださいました皆様にも篤く御礼申します。
2月3日、最後になります!お会いできましたら!
# by ooca | 2019-01-28 21:36 | 櫻香のつぶやき
f0228641_15432410.png


「よき筝は鐘の声に似たるなり」
日本の古典書に
筝をひかせていると
だれかが、今鐘の音が聞こえた言う
いえいえ、あれは、筝の声です
よい筝は、鐘の声ににているものですね

こんな会話が街中で聞きたいものです

しーんと、静まる2月です

名古屋東照宮が日光東照宮に
劣らぬ極彩飾に生まれ変わる
時を皆さんと楽しく想像します
# by ooca | 2019-01-24 15:43 | 櫻香のつぶやき