人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

メキシカン

f0228641_09015814.jpg

今年の夏、北川民次展を開催します。
瀬戸を愛した北川民次を振り返ります。
一昨日、瀬戸へ。北川先生のお話しで
あっという間の六時間を過ごしました。

瀬戸とメキシコの共通点は、汗と職人
と暑い夏、これが生前の先生から教えて
もらったことです。
あれから30年経ち、二十代の私では
わからなかったことがポロリポロリと
鉱山を掘っていくように土からこぼれていく
ように発見があります。
人の働く形の美しさや体の線から溢れる
ものを、先生の絵から感じることができたのは
なんとも、素敵な心地にさせてくれます。

ロボットにはない美しさです。

さまざま練るということはなかなか
楽しいものです

よって、メキシカンディップなど
多種つくってみたくなりました。

アボカド、玉ねぎを微塵にしてオリーブ
お塩を入れてすり鉢で擦り合わせ。
チーズ、コリアンダーのディップも。
トマト、玉ねぎ、にんにく、赤ピーマン
も練ります。タコスと、一緒に
メキシカンビールにレモンで。

メキシカンの軽食はまぜたり、擦り合わ
せたり、練ったり、陶工に似ています。
というのも、今感じたことです。
感じること、考えることが、体の形を
表現に転じさせていくのでしょうか。

5月3日古川美術館での舞踊、、、
踊る本人が一番楽しみです。

# by ooca | 2019-04-29 09:01 | 櫻香のつぶやき

28日平家物語

f0228641_09382260.jpg

4月28日(日)2時より
地下鉄、JR鶴舞駅から徒歩3分~5分
中部邦楽教室

二代后/月見
を語り、解説、茶話

二条天皇の恋を想像
彼は、歌人たちに愛され
貴族たちの名残を愛した

徳川美術館では今、肖像を
見ることができます。
彼を見ることは
彼が考えたことや
夢みたことや、祈りや、求愛や
嘆きなど、たまゆらな
ものを見つけることです。
過ぎ去ったもののなかに
たたずむ時間。

参加費2000円









# by ooca | 2019-04-27 09:38 | 櫻香のつぶやき

今年の八重桜

f0228641_10034287.jpg

この桜
58年目になります
来週あたりは、見事な花の道を
見せてくれます。楽しみです。


# by ooca | 2019-04-16 10:03 | 櫻香のつぶやき

感情という身体

「形の美学」に対して「身体の質の美学」
感情ということにもっと興味を持って
みる。例えば、「不快」と「快」は
隣同士にあるのだから、不快の感情を
ひょいと隣の「快」と混合してみる。

身体により、様々な人物や物語を
表現するとき、沢山の感情は
身体の質に作用します。

語り、おどり、考える、美的行為
の現象と混ぜ合わせて、経験する
ことで、感情が身体の質の美学を鍛え
ていくように感じます。

語る、おどる側になることは、物語の当事者
でない見方、感じ方ができます。
そこには、観客的な眼差しが加わり
悲劇にみる切々と胸にせまる感動、崇高な
人物の気高い思い、健気さ、苦悶も悲愴も
共感しながら晴れやかに、その人物と独特の
関係を持ちます。

物語にある美学が、体にはいってきます!



①「平家物語」を語る
13日(土)10:30~12:00
20日(土)10:30~12:00

②平家物語を聞く
28日(日)14:00開演

お問合わせ
参加ご希望の方
[]古典の日々[]
090-5639-3900
mkabuki2@gmail.com










# by ooca | 2019-04-09 23:42 | 櫻香のつぶやき

7日「平家物語」語り

昨年度の、お殿様の写真を屏風に仕立て
様々な地域で行った「特別な展覧会」
は名古屋(当時の尾張、三河地域)を
日本全体から見ることができました。
また、歴史を生かしたり
つなぐのは文化だということも、私達
のなかではっきり理解ができました。

同時に伝統芸能の重要さも
お能や歌舞伎の凄さも実感する
活動ができました。

歴史や古典について、子供の頃から
伝統芸能を身近に、見るだけではなく
舞い、踊り、語り、日本のかつての
人物の心情に、通じることを、モノ
ごころついた頃より、お稽古をして
きました。このことが、ものすごく
大切なこととあらためて知りました。

明後日7日、「古典の日々」
◆平家物語を語る日です
古典の人物に、心を、ときめかし
時に泣いたり、笑ったり。
入り口の八重桜が咲き出し
会場は、58年ほど前からの
お稽古舞台です。明日は蝋燭の灯り
を準備しております。資料の映像も
学芸員で語りの助手の柴川さんと
あれこれ、盛り沢山になっています!
ご一緒に語りたい方も、是非ご一報
ください。

7日(日)2時から
平家物語「実盛」
解説と語り/市川櫻香
中部邦楽教室
名古屋市中区千代田3丁目10-3
お問い合わせ
090-5639-3900
fax052-323-4575
参加費2000円
お待ちしてます!お気軽に





# by ooca | 2019-04-05 11:30 | 櫻香のつぶやき