市川櫻香の日記


by ooca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

恋する旅

私どもが、2月25日、名古屋能楽堂で取り上げるのは、知立山車文楽です。東海道五十三次39番目の宿が現在の知立です。
五十三次の謂れを、二千年前のインドの書物から、江戸時代に「見立て」て東海道五十三次としたとすれば、昔の人は、勉強熱心だったのですね。古典書の内容は、 善財童子が文殊菩薩の命令に従い53人の善知識を訪ねていきます。53人の内容には、人間社会を構成しているあらゆる層の人が登場します。私達の祖先が、 東海道五十三次という形で日本の旅を思考していたと思うとわくわくします。旅に出て、三十九番目の 知立(池鯉鮒)宿は、いよいよ心深めていくあたりです。旅の中盤を越え、来た道を振り返る、いく道の不安も。 ここが、味わいの深まる部分です。
文化財や、古典を、心の旅の栄養源にします。 
2月は静まる月、じっくりと、私たちと。
お待ちいたしております!

「文化財と古典」の「見方」
2月25日(日)
1部、知立山車文楽の旅
狂言「知立詣」鹿島俊裕/知立神楽保存会
知立山車文楽「伊達娘恋緋鹿子」火の見櫓の段
知立山車文楽保存会、本町人形連、知立市義太夫会

2部、芸と旅
【花の旅】平家物語から重衡の見る東海道
語り:鹿島俊裕
【鳥の旅】杜若と隅田川のものがたり
○お話○詩人村瀬和子
【風の旅】一管による能「杜若」より
能管:藤田六郎兵衛
【月の旅】古典の名作「隅田川」の見方
●渡し守:能、高安勝久
●清元「隅田川」
子をたづねる母:市川櫻香
三味線:清元美治郎
浄瑠璃:清元清美太夫
笛:福原寛

チケットお申し込み
mkabuki@docomo.ne.jp
fax052-323-4575
名古屋能楽堂
愛知県芸術文化センター地下2F
お問い合わせ
052-323-4499
知立市民の皆様は地域優待をお使いください。
知立市役所0566(83)1133・担当/近藤

開演前に
知立市民の方々による(在原会)
お菓子とお抹茶で開演前をお楽しみください。
12時より能楽堂会議室
併せて
知立神楽保存会による笛のレクチャー
知立山車文楽人形の展示
12時30分より
特別プログラム「東海道の旅」
お話/山本祐子(名古屋市博物館調査研究員)



[PR]
# by ooca | 2018-01-27 08:58 | 櫻香のつぶやき

よい人から学ぶ

f0228641_11382313.jpg
環境は、空気のようなものだとつくづく思う。

学ぶことは知識としての学びから技術の学びにいたるまでいろいろありますが、みな道具にすぎず
道具を使う人間がだめなら、地球さえ滅ぼしていきます。よい人を師にし、よい師になれるよう、よい人に出会っていきたいですね。



[PR]
# by ooca | 2018-01-22 11:36

新春を壽ぐ

f0228641_2232757.jpg

「のぼせ下がること」ができますように。今年の大切な言葉です。
[PR]
# by ooca | 2018-01-20 22:32 | 櫻香のつぶやき

恋と知立(ちりふ)と芸能

f0228641_10532029.png
知立(ちりふ)は東海道53次の39番目の宿場でございます。 この、53次の、謂れを調べますと、二千年ほど前に書かれたインドの古い書物に53人の賢者をたづねるお話があるそうです。仏教の修行段階を53段階に説いたものだそうです。
品川宿を出たときは旅のはじまりです。「発心」して旅立ちます、最後の京都は、旅の様々に心を深め高めて行き着くーといったことでしょうか。
私どもの愛知県は、中間を過ぎた39番目の地点、伊勢物語の中で、業平も和歌に詠んだように、心寂しくなる場「思えば遠くまできたものだ」と振り返る地点です。
2月25日(日)名古屋能楽堂で「文化財と古典」の「見方」を上演いたします。
人生は旅であるという見方に立っていえば、ふつうの意味での旅、しようとしまいと、すべての人は旅に生き、旅に死ぬのです。ただその生き方や死に方はそれぞれです。
そのさまざまの中で、芸道者の生き方について、皆様にもあじわいいただき「文化財と古典」の「見方」を深め、何を次に伝え残すか、何のための文化財かー。考え抜くことで芸能の真の正体が見えてきます。

日本の道の文化は何を意味するのでしょうか。
旅にはなくてはならない道、二千年前のお話にある、賢者を訪ねての旅を、この53次の宿場に見立て江戸時代に取り入れた、先人の心を、受け継ぎ伝えていきたいと考えました。
私が道について述べることは、ちょうど私の年齢が、中盤から後半になり、旅の途上を振り返り、更に歩むことへ、これまでと少し違い、何かできることがあればとした責任と、それゆえの、孤独のなかにあるからかもしれません。


[PR]
# by ooca | 2018-01-16 20:05 | 櫻香のつぶやき

がまんの続き

f0228641_9485323.jpg

がまん。ひとつめのがまんは、型や枠を行く、がまん。ふたつめのがまんは、難しいがここが大切な大事に至り。
工夫の道を行くとき、時折、たち止まり、引き返してみたり。また、いつも行く道から、ちょっと、寄り道する、その寄り道がいつもの道とセットになり大事に。
がまんの二つ目を解く鍵は、この寄り道にあります。

いつもの道から少し脇にはいり、野原をみつけ小さな花を見たり、背丈ほどある草ぼうぼうに遊ぶ道草をしたり、あたりを探検して時間を忘れ、あわてて、元の道に戻る。
無作為な道草の心は、自然に現れた姿、心がおどり、あとに、自由な主体を感じた、味わいが残る。
すべての喜びにあてはまる方程式に、がまんはあります。

写真は、二条城のお台所に立ち、道草中。
[PR]
# by ooca | 2018-01-13 09:48 | 櫻香のつぶやき